散気管選びのポイント(4)|過剰な数を設置するな

散気管選びのポイント


散気管選びのポイント(4)

過剰な数を設置するな

その排水処理施設に必要な、
最低限の本数しか設置するべきではありません

散気管メーカーによっては、必要な散気管の本数を導き出す計算に自信がないためか、過剰な本数を設置するプランを
立案するところがあります。
しかし散気管というものは、設置数が多ければ安全、ということは決していえません。
過剰な設置数を賄うための過剰なエアーを吹込むと過曝気になり、汚泥の沈降不良などの問題を引き起こすからです。
加えて、散気管代・工事代・配管代など、余計な費用がかかることにもなります。

OHR社は、必要最低限の本数で済むプランしかお示ししない、
ということをお約束します

OHR社は、「余計な散気管を設置すると、良い事はなにもない」という基本方針のもと、OHRエアレーターが最低の本数で
済むプランをお示し致します。そして、その計算根拠も明確にお示し致します。
どうぞ、必要空気量や設置本数など、他社と比較なさって下さい。

お問合せ