トピックス

マイクロ・ナノバブル技術の見分け方

市場に氾濫しているマイクロバブル発生装置の、優劣判定方法

マイクロ・ナノバブル発生装置には、様々なタイプ・発生方式の製品があって、どの製品が使用目的にマッチするのか、
見極めに苦労します。
どのような物差しを当てれば優劣が判定できるのか、ご説明いたします。

見分け方❶:純水でマイクロバブルを生成できますか? 有機溶剤ではどうですか?

マイクロバブル発生装置のメーカーにたいして、「純水でマイクロバブルを生成できますか? 有機溶剤ではどうですか?」
と質問してみてください。
Noと回答してくれば、化学反応の促進目的には不適格です。

もし、実際には、純水や有機溶剤でマイクロバブルを作ることが目的ではないとしても、この質問は有効です。
気−液を強力に砕いてミキシングする作用がなければ、純水や有機溶剤ではマイクロ・ナノバブルを生成できません。
つまり、マイクロバブル発生装置の気−液反応技術のレベルは、この質問だけでおおよそ判定できるのです。

マイクロバブルは、イオン化物質や不純物が多く含まれた水だと出来やすく、そうでないと出来にくい、ということが
知られています。

液体の種類によるマイクロバブル生成の難易度
海水は、イオン化した様々なミネラルがリッチに含まれているので、非常に出来やすい。
ウェブサイト上で、海水でマイクロバブル生成を行っている 動画をよく目にしますが、何も自慢にはなりません。
排水工業用水では、出来やすい。
含まれる不純物が核となって、溶存ガスがバブル化しやすいため。
水道水では、出来にくい。
水道水でマイクロバブルをつくれない技術は、実は
数多いのが実情です。展示会場では、水道水にこっそりと
塩を入れて、わざとマイクロバブルができやすい状態に
して実演しているところがあるそうですから、要注意です。
純水となると、マイクロバブルを生成できない技術が普通です。
イオン化物質が、ほとんど含まれていないため
有機溶剤となると、マイクロバブルをつくれる技術はほとんど見当たりません。
密度・比重・粘度が小さく、ガスが溶解・離脱しやすいため

そこで最初に、「貴社の技術では、純水でマイクロバブルを生成できますか? 有機溶剤ではどうですか?」と
質問すると、技術レベルを判定できる、というわけです。大多数の技術は、この篩(ふるい)で脱落します。

見分け方❷:透明な状態こそ、優れているのか?

「真っ白く白濁した《マイクロバブル》は、《ナノバブル》より価値が低い」と主張する会社がありますが、これは誤りです。
真っ白く白濁した、濃厚なマイクロバブルをつくれないから、そんなゴマカシを言うわけです。

気–液反応の目的に応じて、A.真っ白く白濁したバブル群が必要なケース《=マイクロサイズのバブルが有効》と、
B.真っ白いバブルは不要のケース《=ナノサイズのバブルが有効、あるいは粗大バブルが有効》の2通りあります。
つまり、目的次第で最適なバブルサイズは変わるのに、「微細こそ優れている」という主張はナンセンスです。

見分け方❸:ハードルが低くて容易なテーマだけを実績として載せている場合

DO(溶存酸素)が乏しい水を、DO値の高い水にする、という場合に、供給エアーをマイクロ・ナノバブルにまで砕く
必要があるかというと、必要ありません。
なぜかというと、相手が酸素枯渇の水だから、かんたんに酸素は溶解していってくれるからです。
これは自然法則の問題です。
酸素ガス、窒素ガス、水素ガス、オゾン、これらはいずれも、水中に溶解しにくいガスです。
だからこそ、マイクロ・ナノバブルにまで、微細に砕く意味がある。

しかし、水中に溶解しにくいとはいっても、いくらかは溶ける。
その溶ける量はガスの種類ごとにわかっていて、それを「飽和値(ほうわち)」と称しています。
この量までは溶けます、という自然法則としての値です。
逆にいえば、その飽和値に至るまでは、溶けやすい、ということでもあります。
したがって、粗大バブルであっても、飽和値に至るまではかんたんに溶けていく。

排水処理では、酸素枯渇の水は至るところにあるわけですが、その水を相手にして、マイクロ・ナノバブル技術で
DO値を高めました、というPRは貧しい。くり返しますが、飽和値に至るまでは、かんたんにDO値は高まる
ものだからです。
Website でよく見られるのが、排水処理でDO値を高めて改善しました、というものです。そのようなケースばかりが
実績として掲載してあるなら、劣った技術だと思って間違いないでしょう。

余談ですが、炭酸ガスを飲料に溶かす場面で、炭酸ガスを微細にしてはいません。
ビール工場や炭酸飲料工場で、炭酸ガスを溶解させる工程を ”カーボネーション”といいますが、炭酸ガスは溶けやすく、
粗大な気泡群のままでもよく溶けるから、微細に砕くことはおこなっていません。
(※炭酸ガスを微細に砕く必要があるケースも、中にはありますが…。詳細はお問合せください。)

溶けやすい条件なのか、溶けにくい条件なのか、まずは冷静に分析することです。
いわゆる“散気管”でバブリングすれば済むようなテーマに対して、マイクロ・ナノバブル技術を用いることは、
エネルギーロスになるばかりで有効ではありません。

見分け方❹:過飽和の領域に、どれほどいくか

飽和値を上回る「過飽和(かほうわ)」の領域に踏み込むと、技術レベルの差が歴然と表れます。
大気圧の下で、つまり加圧せずに、どれくらい過飽和値が上がっていくかをテストすると、飽和値を100%とした場合に、
A社の技術では104%が限界だが、B社の技術では130%までも上がっていく。
こうなると、格段に技術差があることがわかります。

見分け方❺:他の見極めポイント

◯白濁したマイクロバブル群が、生成してからすべて消失するまで何秒かかるか。(マイクロバブルの持続時間)
 K社は90秒、N社は75秒、O社は170秒、というデータがあるテストで得られましたが、
 いわゆる“マイクロバブル発生装置”の中でも、ほぼ2倍の大差があるわけです。

◯水中に溶解したガス濃度が、次第に減少していく、その減少時間がどれくらいかかるか。
 当初に40mg/LあったO2ガス濃度が、2時間後には1/2の20mg/Lにまで減少するが、O社に関しては、
 2時間後でも36mg/Lにとどまり、減少速度が圧倒的に遅い。

その他、もろもろのテーマによって、差が出るもの、差が出ないものとがあって、それをテーマごとに慎重に
見極めていかないと、ごまかされることになります。

↑Page Top