カテゴリー: トピックス

水処理、散気管選び、個体液体混合、プラントの具体例や情報

世界初! 【散気管の10年保証】を開始いたします OHRエアレーターは、世にデビューさせてから40年を超えていますが、「10年経っても15年経っても、ノーメンテナンスで使い続けられる」と公言しているとおりであることを、数
「撹拌機」と「OHRミキサー」の比較 乳化、粉体分散、微量成分の均一分散など 「乳化」や「粉体分散」や「微量成分の均一分散」には、多種多様な撹拌機が使われています。 代表的なものは、容器の中で撹拌羽根が高速回転することで
排水処理テキストに書かれている、《曝気槽におけるDOは、2.0mg/L以上が良い》は真実か? DO(Dissolved Oxygen:溶存酸素濃度)は、高ければ高いほど良いのか 世界中の排水処理場で、維持管理のためにDO
白水タンクで特殊な曝気をおこなうと、抄紙工程でのトラブルが減少します 製紙工場の白水タンクで、ある特殊なやり方で曝気をおこないますと、次のような広範囲なメリットが得られることがわかってきました。すでに6工場で実績あります
以下の内容をより詳しくまとめた資料(PDF)は、ここをクリックしてダウンロードしてください ゴム製の多孔質散気管は、下水処理向きではあっても、産業排水向きではない ゴム製の、多孔質散気管(ポーラスディフューザー)というも
高圧乳化機の代わりとなる、唯一のインラインミキサー 262件の実績(2017年7月現在) 化学工場でも食品工場でも、混ざりにくい性質のものをいかに混ぜて一体化するかが、商品化や大量生産のポイントとなります。 ごく少量の液
「解砕」(かいさい)とはなにか 液中で凝集した微粉体(金属粉末、セラミック粉末、樹脂粉末、カーボンパウダー等)をほぐす 粒子間には、互いに集まろうとする『付着力』(ファンデルワールス力や静電気力など)が働くため、いったん
マイクロ・ナノバブル技術の見分け方 市場に氾濫しているマイクロバブル発生装置の、優劣判定方法 マイクロ・ナノバブル発生装置には、様々なタイプ・発生方式の製品があって、どの製品が使用目的にマッチするのか、見極めに苦労します
マイクロバブルの「圧縮破壊現象」(圧壊)の真実 マイクロバブルを作れば、すなわち圧縮破壊現象が起きるのか 当社に寄せられるマイクロバブル関連の引合いの多くが、「圧縮破壊現象」(圧壊)への期待によるものです。「マイクロバブ
Top