トピックス

白水タンクで特殊な曝気をおこなうと、抄紙工程でのトラブルが減少します

製紙工場の白水タンクで、ある特殊なやり方で曝気をおこないますと、次のような広範囲なメリットが得られることが
わかってきました。すでに6工場で実績あります。

※白水[はくすい]とは、パルプを水中に分散させたスラリーのことです。

メリット1:ORP値 (酸化還元電位値) が顕著に上昇し、硫化水素は発生しなくなる。

メリット2:スライムコントロール剤(微生物殺菌剤)の使用量が、3割とか、5割とか、削減できる。

白水が還元質であるとスラコン剤の酸化力がムダに消費されてしまうが、白水が酸化状態になれば、スラコン剤の効きが良くなるため。

メリット3:全有機酸の生成量が激減し、有機酸に起因するピッチトラブルなど、抄紙工程での欠点が減少する。

メリット4:紙力剤の使用量が削減できる。 排水処理の負荷が軽減される。

白水が嫌気化すると、でん粉の分解が進み、紙中でん粉量が減った結果、破裂強度が大幅に低下してしまう。
しかし、特殊曝気によって白水を好気環境にキープすれば、以下の2つの効果が得られる。

①添加した紙力剤のほとんどが、分解されずに紙に残る。紙力剤が有効に使われてロスが減るから、紙力剤添加量を減らせる。
②紙力剤の添加量が減らせる分、排水中に流出する紙力剤成分が減るので、排水処理の負荷が軽減される。
③分解されるでん粉量が減って、排水中のBOD負荷量が低下するため、排水処理の負荷が軽減される。

説明資料のお求めは ▶ お問合せ

↑Page Top