液―液、気―液、固―液を微細ミキシング OHRミキサー

OHR式は、連続式で、かつてない超高効率の脱酸素処理ができます!

水中 (液中) に溶存酸素があるが、これを脱酸素処理したい、というテーマがあります。
たとえば化学工場で、有機溶剤中に溶存酸素があると、反応工程で爆発の危険があるとか、溶存酸素が反応を阻害する、
というようなケースです。

このような場合どうやって解決しているかといいますと、窒素ガスを液中へどんどん吹き込んで、液中の溶存窒素濃度を
自然状態よりも濃厚にしてやると、その分だけ液中の溶存酸素が減っていく、という現象を利用して、溶存酸素濃度を
下げたり、ほとんどゼロにしたり、ということをおこないます。

従来方式は、大量の窒素ガスを、長時間に渡ってバブリングする

窒素ガスによる脱酸素は、とても難易度が高いテーマです

従来方式は、目標とする脱酸素率が非常に高い場合には、丸24時間とか、大変長い時間をかける必要がありました。
しかも、大きなタンクに対象の液体を漲って、そのなかで大量の窒素ガスをバブリングする、というやり方であるため、
バッチ処理しかできません。お金も時間もかかりすぎです。
製造ラインのリードタイムが、この脱酸素処理工程で手間取ることによって、非常に長くなってしまって困っている、
ということなのです。

OHR 式は、連続式で、DO 値:10.0mg/L▶0.2mg/L 以下にできます

窒素ガスによる脱酸素は、とても難易度が高いテーマです

OHR式では、これがいとも簡単に解決できます。
例えば、DO 値が 10.0mg/L あって、これを 0.2mg/L まで脱酸素したい ( = 酸素除去率 98%)、という非常に難しい
ケースでも、わずか数秒の処理時間で、連続式で処理できます。
加圧・減圧や、薬剤の添加などは一切必要ありません。

そのやり方は、図解でご覧にいれますので、お問い合わせください。
併せて、テストデータもご覧にいれます。
その説明図解でご納得いけば、次に実地テストに進んでいただく、という手順です。

お問合せ

なぜOHR式は、高効率脱酸素を達成できるのか

水中の溶存窒素濃度を、飽和値の3割増にまで一気に上げる技術は、OHR以外に見当たらない

  • (1)20℃の水に溶解した【全空気】の濃度は、24mg-Air/Lほどです。
    つまり水1L中に、【全空気】が24mgほど、溶解しています。
    そしてその24mg/Lのうち、15mg/Lほどを【窒素+わずかのアルゴン】が占め、残り9mg/Lほどを【酸素】が占めます。
    (※あとの、炭酸ガスとか、ネオンとか、ヘリウムとか、その他の微量ガスはごくごくわずかなので、
    カウントできないくらいです。)
  • (2)さて、【窒素+わずかのアルゴン】(以下、窒素とだけ表現します)は、空気中で79%ほどを占め、それでもって
    水中に溶解して、15mg/Lを占めている。
    では空気でなく、濃度100%近くの窒素ガスだけを水に吹き込んだ場合は、いくらまで水中窒素濃度はアップするかと
    いいますと、19.0mg/L(20℃、1気圧)です。
    この19.0mg-N2/Lが、水に溶ける限界「飽和値ほうわち」です。
  • (3)くり返しますが、15mg-N2/Lが、19mg-N2/Lまで、わずか4mg/Lしか濃度アップしません。
    これでもって、水中に溶解した酸素を一気に追い出すことができるかというと、無理だということは容易にわかります。
    だから、ただ単に窒素ガスを吹き込んだだけでは、24時間というような長時間がかかるのです。
  • (4)では、水中に溶解した酸素を高効率に、しかも、連続式で瞬間的に除去するためにはどうすれば良いのか。
    それには、飽和を超えた「過飽和」状態にまで一気に窒素ガスを溶かすしかありません。
  • (5)なぜOHR式が、高効率の脱酸素処理を、わずか数秒で達成出来てしまうのかといいますと、水中の溶存窒素濃度を、
    飽和値の3割増し(飽和を100%として130%)というハイレベルの過飽和にまで、一気にもっていけるから、
    という理由です。
    過飽和の度合いが、105%とか、110%とかではダメで、130%というレベルでないといけません。
    飽和値の19mg-N2/Lをはるかに超えて、25mg-N2/Lとか、そのような段違いのハイレベルにまで到達させられる
    技術でないと、土俵の外へ酸素を一気に押し出すことはできません。
グラフ

右のグラフをご覧ください。
酸素濃度の過飽和の度合いのデータです。
(東京水産大学測定)
が、F社のマイクロ・ナノバブル装置でもって
溶存酸素が過飽和になる度合いです。104.4%と
いう値です。つまり、4.4%しか過飽和になりません。
は、OHR社のマイクロ・ナノバブル発生装置による
ものです。30%も、過飽和にいきます。

このデータは、世の中に数多くの製品が出回っている【マイクロバブル発生装置】の性能には、実は大差がある、
という一例です。
マイクロバブル発生装置の優劣の見極め方法につきましては、以下のリンクをご覧ください。

マイクロバブル発生装置の優劣判定基準

OHR式は、過飽和のレベルが段違いに違うから、連続式で、高効率の脱酸素処理ができてしまうのだ、とご理解ください。
(※酸素濃度を130%過飽和に到達させられるということは、窒素濃度も同レベルの130%ほどの過飽和に到達させられる、
ということになります。)

↑Page Top